未来考房/瓦人 ~gajin~

和瓦とその未来を創る淡路島の瓦師ブログ

break time…

瓦*木*コンクリート素材そのままが美しい!@かわら美人 56判 ストレート軒仕様 #瓦 #住宅建築 #新建築 #建築設計 #建築デザイン #大栄窯業株式会社 #かわら美人 #いぶし瓦 #いぶし銀 #自然素材の家 #建築 #エイジング #古色瓦 #古瓦

熾烈なデッドヒート💨

尾道のホテルプロジェクト…瀬戸内の穏やかな波がまるで陸(おか)まで連続するかのように、広大に“甍の波”が描かれ出してきました。 古色にくすんだ“銀古美”の質感が、陽光を過度に反射させず、ノスタルジックな周辺環境に配慮します。 メインの木造棟改修の本…

美は一つの真理…

各地でプロジェクトが進む古代いぶし瓦“銀古美”…GW(Golden Work)で続々と窯出し! こちらはお皿じゃなくて(笑)、棟込みと壁際の装飾に施工する“五寸輪違い”! 神奈川の社寺本堂改修PJと広島のホテルPJ…ともに同じ寸法での復元なのでまとめて焼成。 一つ一つ…

GW=Golden Work(笑)

今日も早朝6時から元気に瓦づくり…大地の恵み“土”との終わりなき闘いは続きます!!今朝の“銀古美”の窯出しから…特注の2尺寸筒型末広拝み巴(長い 笑)!!お寺の箕甲用に特注で手作りした瓦ですが、尺寸巴と比べたら倍!!^^; まるでアルプホルン!ドデカすぎ…

DIY!!

土を焼いただけの瓦タイル「soil」。古民家をリノベーションされDIYで施工されたグラフィックデザイナーの施主様からお写真が届きました! 新しいのに懐かしい…ビンテージな質感のsoilが、古民家の古美た世界感にすっかりとけ込みます。爪楊枝による目地切り…

土のチカラ…

煤染めの次は土染め…瓦の原土100%の天然染料で素朴な土色の生地をつくっています(^^) 淡路島の大地の恵み”瓦土“は、200万年に及ぶ地球の営みが生んだキセキの積層。大らかな土の包容力が優しく肌を包みます^^ファッションとしてのベージュはユニセックスで飽…

“絵になる”かどうか…

築120年の料亭保存改修工事@熊本の瓦葺きが無事完工! 玄関部分は80枚判の小瓦を銀古美の古色で揃えました。 風雪に耐え歴史を見守り続けた古瓦と、古色焼き“銀古美”の運命的邂逅はとても美しい。 まさしく“絵になる”!! *これが新建材だけの物語もないハ…

break time…

壁に瓦…クールです^_−✳︎ #瓦 #大栄窯業株式会社 #いぶし銀 #いぶし瓦 #銀古美 #建築設計 #建築デザイン #エイジング #古色瓦 #古瓦 #伝統構法 #タイル #エクステリア #インテリア #DIY #店舗設計 #店舗デザイン

瓦窯元として出来ること…

少しでも世の中のお役に立てればと、こんな瓦の“未来創り”にも取り組んでいます(^^) 上品な淡いグレーは飽きずに長く使えそうですよ! ⚫︎かわら煤(すす)染めリネンマスク⚫︎ size : S(子供用)・M (大人用フリー) 煤(すす)とは有機物が不完全燃焼してできる炭…

100年の計…かわらづくり

今日の“銀古美”の窯出しから…明治建築の改修用に手作り復元製作した、2寸幅の素丸と巴が焼きあがりました!! 単なる古美た色合いではなく、とても上品な雰囲気を纏います。 100歳超の古瓦と並べても違和感なく…生まれたて(焼きたて)の0歳児ながら、もはや風…

時空を超えた対話…かわらづくり

明治維新以降、日本では文明開化と近代化の象徴として多くの洋風建築が造られた経緯があり、現在でも近代化産業遺産として明治時代の洋風建築が各地に多く残っている。 そんな明治建築から…はじめて見ました! 超細い2寸幅の素丸と巴瓦!! しかも棟や塀でも…

ノスタルジーを未来へ繋ぐ…

広島ホテルプロジェクトの瓦葺きがいよいよ着工!!歴史ある木造棟改修に、宿泊棟、温泉棟など複数の新築棟にと、すべて古色焼き“銀古美”で準備した本葺きに和形に…総枚数70,000枚もの瓦が建築を包みます。銀古美は“焼きもの”らしく一枚一枚に表情(個性)があ…

瓦タイル「soil」…“土もの”のチカラ

銀古美×甍覆(いらかおおい)でシンプルに仕上げた宮大工の建てる“淡路島の家”…玄関ファサードに瓦タイル「soil」が施行され、ぐっと土ものの豊かな素材感を纏います。 この周囲〜外壁すべて白漆喰仕上げとなるそうで、そうなると余計にこの自然な瓦色のグラデ…

古代いぶし「銀古美」〜反りのし瓦〜

日々窯出し…銀古美仕様のお寺の庫裡屋根改修用に焼いた反りのし瓦! 先日キレイな古色に焼きあがった経ノ巻鬼瓦と共に甍波のリズムを奏でながら群馬で風景を創ります(^^) 一枚一枚の曲線の連続が魅せる全体としての流麗…瓦屋根は美しい!#瓦 #和瓦 #日本瓦 #…

break time…

下駄箱の瓦、つくっています(^^) #瓦 #和瓦 #大栄窯業株式会社 #銀古美 #いぶし瓦 #古代いぶし瓦 #古民家再生 #古民家リノベーション #重要伝統的建造物群保存地区 #文化財建築 #美観地区 #エイジング #古色瓦 #古瓦 #伝統構法 #建築設計 #建築デザイン #エ…

“時の流れ”を見越したモノづくり

今朝「サワコの朝」で久住さん出演されていましたね! 無料視聴できます。 ↓↓↓↓↓↓↓ https://dizm.mbs.jp/title/?program=sawako 「今は完成時が最高の状態で、古くなるほど傷み汚くなっていくものばかり。作っては簡単に壊し捨てるものづくりじゃなくて、人…

瓦を哲学する…

風紋-fumon- 鳴門の海岸で撮った、風が描く、自然の摂理としてなるべくしてそうなった美しいカタチ。 350年続く和瓦のデザインもそう…“山に受けた雨を谷へと流す”という自然の摂理に適う用の美が体現され、なるべくして成った必然のカタチ。 この連続こそ…

焼きたてです…(^^)

今朝の古色瓦「銀古美」の窯出しから…今まさに窯の口を切る(蓋をあける)瞬間!! このときの炉内温度約400度℃…毎回緊張と若干の恐怖を覚える瞬間です^^; 炉内でなにかイレギュラーな状態が発生していると、急激に冷気に触れることで暴発したり、炎が噴き出し…

古代いぶし瓦「銀古美」“一文字軒瓦”

今日の窯出しから…京都の大きな伝統的町屋改修を兼ねたホテル新築プロジェクトに届ける一文字! 銀古美は通常のいぶし銀瓦より焼成温度が高いため、これがまた行儀とノサ・カギ加減を塩梅よく仕上げるのが難しい(汗) この合い口を葺き師が削り、擦り合わせ、…

〜かわらのおはなし〜

本日17時〜、香川県の建設会社様にて瓦研修…多様な屋根材のメリットもデメリットも含めた客観的データをもとに、設計相談の場における「カワラノススメ」をじっくり講義。 作り手の想い〜未来創りまで、「瓦」というモノとコトを伝える有意義な時間でした! …

mission impossible!!

バーナー調整中…豪快なシーンだが、実は超繊細な仕事が求められる。 古色焼き「銀古美-antique smoked silver- 」の瓦づくりは、“還元焼成”の難しさと楽しさが織りまざる魅力ある仕事。 大いなる土と炎をパーフェクトにコントロールするのは当然不可能で、瓦…

kawara art work − blue*blue −

今だからこそ、綺麗な景色をお届けします^^ 青・蒼・碧…時々刻々いろんなblueで魅せる美しい島の海と空、そして夜の星空。 (*10年前に撮った花さじきの星景と、目の前に広がる海景です) そんな二つとして同じ絵を描くことのない瞬間の世界をトリミングし、…

風景創り…

工場での瓦づくりが続くなか、久しぶりに現場へ…徳島で2軒同時に葺き替え着工。 威風堂々の本葺き屋根…阿波の伝統的意匠の古民家はまず上屋根から。 もう一つはスレート葺きの母屋と左奥の納屋の合わせて100坪ほどの屋根を一気に改修です! 現場に立つと、や…

山わらう…

目の前にひろがる昨日の夕景! 緊急事態宣言下の“兵庫県”淡路島から…とてもとても静かで穏やかな、いつもと変わらない美しい風景が描かれています。 この景を見晴らしながら、“土地の土を焼く”だけの瓦づくりという仕事も十二分にこなせている。 人混みもな…

“土を焼いて燻すだけ” 〜小さな瓦づくり〜

これも窯出し…いぶし銀の瓦は、“いぶす”ってだけあって窯出しするとススで真っ黒なんです!それをハケでささっと払うと…キラッ⭐︎といぶし銀の顔をだす小っちゃな桜。 「瓦」とは、土と炎が創りだしたキセキの宝石…ささやかな手仕事「hitotema」ブランドの桜…

元に戻すチカラ…

棟込み瓦“松皮菱(まつかわびし)”の施工が無事完了しました!! 大棟に迫力の四段積み…普遍的デザインとその連続が生む計算された陰影の妙…日本伝統意匠は本当に美しい。 建築の悠久の歴史に敬意を込めて、今回この仕様を復元されたそう…まさしくまつわる物語…

左右の違いで右往左往(笑)

今朝の窯出しから…群馬の社寺屋根改修用の経ノ巻鬼瓦と、左桟瓦や左桟掛け瓦など! “左桟”とは、瓦の山が通常(右桟)とは反対にある瓦のことで、昔の建築では風雨の吹き降り方向を考えて、例えば切妻屋根の両面で左右の瓦が使い分けられています。 北関東では…

〜淡路島の流儀〜

Stay at home with true wealth!! 息詰まる空気でストレスたまる子や孫たちに、島本来の美しく豊かな日常を! 花冷えの自邸庭で昼飲みBBQ…やっぱり瓦で焼くのは淡路島の流儀^^ これが焦げずに遠赤効果でどの食材もふわっふわに♪ そのへんで育まれた食材た…

いぶし金!?~ smoked gold ~

古色焼き“銀古美”の窯出しから…本葺き瓦の素丸を選別してて違和感が!? 銀古美は本来いぶし銀になったらダメなんですが、“いぶし金”かよ!!^^; 炉内で暴れまくった炎の爪痕が瓦表面に残されたかのように金色のグラデーションがあちこちに(汗) 求める寂び感…

original sign − 笑鬼 −

笑顔はじける鬼瓦表札(看板)が人気です(^^) 今回焼き上がったのは「指宿 やさいの王国」様。 → http://yasainooukoku.co.jp/ デザインごとご相談いただき、鬼面のおでこによくある“宝珠”のかわりにシンボリックな“キャベツ”を!! それにしても見てるこっち…