未来考房/瓦人 ~gajin~

和瓦とその未来を創る淡路島の瓦師ブログ

“ニッポンの建築現場”

和歌山…伝統建築が居並ぶ風致地区の角地に建つ文化財建築の改修プロジェクト。

f:id:daieibrand:20210421125434j:image
f:id:daieibrand:20210421125437j:image
f:id:daieibrand:20210421125444j:image
f:id:daieibrand:20210421125448j:image
f:id:daieibrand:20210421125441j:image

曳家され無事に耐震改修済みの屋根は、元の瓦も選別・再使用しつつ、古建築の赴きを継承すべく“銀古美”の本葺きで絶賛工事中!

f:id:daieibrand:20210421125521j:image
f:id:daieibrand:20210421125526j:image
f:id:daieibrand:20210421125516j:image

銀古美焼成の“新しい”瓦達は、古瓦との調和も塩梅良く、同じく古建築との相性も良く、つまり古い町並みの風情を損なわない。

「風致」とは「おもむき、あじわい、風趣」の意…瓦屋根が本来纏うべきこれら形容詞に見合う佇まいは、銀古美という瓦が創る。

f:id:daieibrand:20210421125558j:image
f:id:daieibrand:20210421125555j:image

f:id:daieibrand:20210421125636j:image
f:id:daieibrand:20210421125632j:image
f:id:daieibrand:20210421125627j:image

f:id:daieibrand:20210421125706j:image

それにしても土あり、漆喰あり、瓦あり、複雑な木組みあり…久々に“ニッポンの建築現場”らしき空気感が心地良い!

窓の華奢な木格子など粋な細工や設えも継承され、歴史資料館となって生まれ変わるのが楽しみです(^^)

f:id:daieibrand:20210421125657j:image

ーーーーーーーー

#銀古美 #古民家再生 #風致地区 #伝建地区 #文化財建築 #耐震改修

【 時代遅れ ≒ 最先端技術 】

real handmade!!手作りの甍覆(いらかおおい)が出来るまで…

f:id:daieibrand:20210419182812j:image
f:id:daieibrand:20210419182821j:image
f:id:daieibrand:20210419182818j:image
f:id:daieibrand:20210419182815j:image

荒地を木型で成型、叩いて“タメ”を入れ土のクセを殺す、玉口をかきやぶりで接合、金ベラで全体と細部を磨き、型紙で位置決めし銅線穴をあける…そこには金型もなく、プレス工程もなく、時代遅れなようで実は“超低炭素なものづくり”を実現する最先端テクノロジーとしての瓦づくりのシーンがある。

f:id:daieibrand:20210419182854j:image
f:id:daieibrand:20210419182839j:image
f:id:daieibrand:20210419182847j:image
f:id:daieibrand:20210419182851j:image
f:id:daieibrand:20210419182842j:image

これが100年と風雪に耐え、幾時代をも越えて生き抜くチカラを持つ「瓦」というものだ!

f:id:daieibrand:20210419182921j:image
f:id:daieibrand:20210419182917j:image

“銀古美”のテーマは脱工業製品…手作りが絶妙に工業製品的輪郭を崩し、大らかで生命力ある棟冠瓦が生まれる。

f:id:daieibrand:20210419182950j:image
f:id:daieibrand:20210419182947j:image
f:id:daieibrand:20210419182957j:image
f:id:daieibrand:20210419182953j:image

代償としてもちろん一枚一枚がとても高くなるが、安っぽい新建材では絶対に描けない建築の輪郭と風景と物語を創る!

ーーーーーーーー

#銀古美 #脱工業製品 #脱工業化 #非均質化 #非均一化 #低炭素 #カーボンニュートラル #SDGs   #持続可能性 #サステナブル

〜大人進入禁止〜

f:id:daieibrand:20210418170516j:image

高さ105cmの入り口が持つ魔力…どうしても入ってみたい(笑)

f:id:daieibrand:20210418170536j:image

【PATISSIER eS KOYAMA -未来製作所-】

設計:橋本夕紀夫デザインスタジオ

左官:久住有生 氏

デザイン瓦タイル:円坐−maruza−

f:id:daieibrand:20210418170553j:image

ーーーーーーーー

#商店建築 #店舗デザイン #左官 #久住有生 #円坐 #タイル #土間 #敷瓦 #tile

“無印良品”…(^^)

f:id:daieibrand:20210417124023j:image

今日の“銀古美”の窯出しから…波のごとき流麗で魅せる甍(いらか)だが、ただどこかに違和感を感じた方は瓦ツウ(笑)

f:id:daieibrand:20210417124049j:image

そうそう…建材としての瓦と比較すると2箇所の切込みがない!なので、このままでは構造的に屋根に葺けない。

f:id:daieibrand:20210417124108j:image

一枚一枚手作りし、亀裂が入らないよう土が締まるまでゆっくり時間をかけて乾燥させたスツール用の坐面瓦が、なんとかすべて無キズで焼きあがった!

f:id:daieibrand:20210417124034j:image

f:id:daieibrand:20210417124136j:image
釘穴や水返し、刻印など…工業製品的ディテールのない潔いまでの無垢で無印な姿は、銀古美焼成法によるビンテージ感も相まって、かえって“昔瓦”のように味わいと色気がある(^^)

ーーーーーーーー

#無印良品 #無印 #店舗設計 #店舗デザイン #商店建築 #DIY   #ギャラリー土坐 #淡路島 #淡路島体験 #スツール #デザイン家具 #デザインスツール #stool    #designstool    #designfurniture

− made in Earth −

銀古美 × 古瓦ボーダー × 白漆喰 × 木 × 石 × 鉄

f:id:daieibrand:20210416173211j:image

地球由来のマテリアルは美しく調和し、また美しくエイジングする。

日野市 納骨堂プロジェクト ▶︎ http://gajin.hatenablog.com/entry/2019/10/31/114909

ーーーーーーーー

#銀古美 #納骨堂 #社寺建築

try & error ( ×ラスト1 )

f:id:daieibrand:20210415143935j:image

古彩色“銀古美”の窯出しから…試作中の手作り400㎜角の敷き瓦…第4段階の仕上がりでほぼスクエアを実現し、突きつけで並べることが出来るレベルになってきた!

f:id:daieibrand:20210415144113j:image

f:id:daieibrand:20210415144122j:image
300㎜角と並べると歴然の差…大きい面積ゆえに、“銀古美”特有の表情豊かで寂び感ある“景色”が抜群に渋い。

エイジングはもっと渋くなる!

f:id:daieibrand:20210415144208j:image

瓦はどんな形状でも300㎜サイズを超えると行儀精度をコントロールするのが極端に難しくなり、フラットな敷き瓦なら尚更…まだまだ try & error は続く!

*↑↑↑あっ、第1段階の【try & error & error & error】から、errorがあと一つだけになった(笑)

f:id:daieibrand:20210415144325j:image

f:id:daieibrand:20210415144223j:image

ーーーーーーーー

#銀古美 #敷き瓦 #瓦タイル #タイル

再焼成 −土の生命力−

これ、すべて一棟の住宅屋根に乗っていた鬼瓦…讃岐の装飾瓦屋根文化にはいつも驚嘆する!!

f:id:daieibrand:20210414184529j:image

施主もきっと思い入れがあることでしょう…丁寧に洗浄し再焼成することで、幾星霜を経て風雪に耐えた瓦が、また100年活躍する。

f:id:daieibrand:20210414184543j:image

f:id:daieibrand:20210414184601j:image

そして再びこの建築と風景と物語を未来へと繋げる…改めて土の生命力は素晴らしいし、瓦づくりと瓦葺きは浪漫溢れる仕事です(^^)

ーーーーーーー

#鬼瓦 #いぶし瓦 #讃岐 #讃岐うどん