未来考房/瓦人 ~gajin~

和瓦とその未来を創る淡路島の瓦師ブログ

傘が傘であるために…

銀古美の窯出しから…

特注「“中付け”逆一文字」が焼けました!

(逆一文字とは片流れ屋根のトップに納める役瓦)

f:id:daieibrand:20230614185221j:image
f:id:daieibrand:20230614185224j:image

瓦尻部から一寸ほど内側に垂れを付ける手作りの特注仕様だが、なんとか葺き勾配に合わせた垂れ角度は揃った(汗)

f:id:daieibrand:20230614185247j:image
f:id:daieibrand:20230614185244j:image

ただ、あちこち合端(あいば)しまくってこそようやく納まる仕上げ…そのため“削りしろ”をけっこう設けてあるつもり。

あとは葺き師の技量に委ねるしかない^^;

f:id:daieibrand:20230614185303j:image
f:id:daieibrand:20230614185306j:image

片流れ屋根というと、近頃は猫も杓子もガルバリウムばかりだが、和瓦でシンプルかつ美しいシルエットを描ければ、デザイン的にも設計者にとって選択肢の一つになってほしい。


今、残念ながら屋根が主役の家が少ない。

構造的にも機能的にも屋根はもっと主役であるべきで、その連続が日本らしい風景を創る。

また“傘”は勾配があるから傘としての役割を果たすのであり、平らだと傘にならず、また“かぶり”(軒・破風の出寸法)が大きいほど体は濡れない。

f:id:daieibrand:20230614185334j:image

高温多湿で多雨な日本では、和傘のようにシルエットが美しい、もっと屋根が主役の家が増えればいいな〜。

そのためにも緩勾配偏重の家づくりから、もっと勾配…戻していきましょう(^^)

f:id:daieibrand:20230614185535j:image
f:id:daieibrand:20230614185532j:image

#建築家とつくる家

#再生可能エネルギー

#持続可能性

#サステナブル

#低炭素

#脱炭素

#カーボンニュートラル

#sdgs