未来考房/瓦人 ~gajin~

和瓦とその未来を創る淡路島の瓦師ブログ

また次の100年へとバトンを渡す仕事…

週明け一発目のミッションは、大正浪漫を感じさせる100年建築の屋根改修計画のため実測。

f:id:daieibrand:20231106183338j:image

*木製建具はどうしてこんなに愛らしいのだろう(^^)

f:id:daieibrand:20231106183357j:image
f:id:daieibrand:20231106183354j:image

桟瓦は蝋燭桟(山の形状が現在の和瓦と違ってロウソクのような形状)。

棟には雲型の輪違い…これは粋なデザインだ!

この輪違いなど再利用出来るパーツを活かしながら、できるだけ古建築の趣きを壊さずまた100年と物語を紡げるよう、銀古美でシミュレーションです(^^)

f:id:daieibrand:20231106183419j:image

#銀古美

#大正浪漫

#古民家再生

#宮大工

ヒトの ヒトによる ヒトとヒト以外の全てのための…

宝生寺の現場では、壁土をはじめ130年前の元の本堂に使われていた材が各所で再利用されている。

f:id:daieibrand:20231105154301j:image
f:id:daieibrand:20231105154340j:image
f:id:daieibrand:20231105154346j:image

いま瓦を葺いている唐破風にも、あちこち宮大工達の手により130年前の木と新しい木が継がれており、持続可能な素材と技術であることをまさしく証明する。

f:id:daieibrand:20231105154423j:image

“持続可能な建築”って…なにも最先端テクノロジーの装備で“ヒトのためだけであってヒト以外のためにならない”武装をするのではなく、実はこのように確かに長く持続してきた素材を活かす、とても素朴で慎ましく優しく微笑ましい仕事なんだと思う(^^)

f:id:daieibrand:20231105154441j:image

#淡路工舎 #宝生寺

#伝統構法 #伝統建築

#社寺建築   #宮大工

#銀古美 #手刻み

#持続可能性 #サステナブル

#sdgs

譲れないディテール・

今日の窯出しで焼きあがった大きな棟冠瓦。

f:id:daieibrand:20231104182156j:image
f:id:daieibrand:20231104182150j:image

今年度も順に改修工事が始まっている、島全体が重要伝統的建造物群保存地区である徳島県 出羽島の物件用瓦だ。

f:id:daieibrand:20231104182413j:image
f:id:daieibrand:20231104182258j:image
f:id:daieibrand:20231104182416j:image
f:id:daieibrand:20231104182302j:image

伝統意匠として島の集落ほぼすべての屋根に乗るこの独特の“七寸角桟冠”はすべて手作り製作…既製品で安易に済ませず、やはりこの譲れないディテールあってこそ、理屈ではなく感覚的に腑に落ちる100年の原風景が維持される。

f:id:daieibrand:20231104182346j:image
f:id:daieibrand:20231104182349j:image
f:id:daieibrand:20231104182343j:image

瓦づくり・屋根づくりとは一つの修景事業である。
100年続く物語と景色を、また100年続かしめるには、こうした手間のかかる手仕事が支えています。

f:id:daieibrand:20231104182400j:image

#重要伝統的建造物群保存地区

#伝統建築 #伝統構法

#伝統素材 #伝統産業

#出羽島 #脩景事業

#持続可能性 #サステナブル

#sdgs

脳内妄想…

文化の日には、“文化”を残すべく岡山で美しい日本建築の屋根にのぼって実測しています(^^)

f:id:daieibrand:20231103164535j:image
f:id:daieibrand:20231103164538j:image
f:id:daieibrand:20231103164532j:image

平屋 瓦葺き 数寄屋風の美しい住宅

「木瓦」での改修の可能性を探ります。

ちょうど先日「桂離宮」を拝観したところ…軒先、ケラバなどディテールのシミュレーションは、もう勝手に脳内で始まっています(笑)

f:id:daieibrand:20231103164614j:image
f:id:daieibrand:20231103164623j:image
f:id:daieibrand:20231103164611j:image
f:id:daieibrand:20231103164627j:image
f:id:daieibrand:20231103164631j:image

アップグレードした、より美しい文化を残せるよう精進します!

ーーーーーーーーーーー

#文化の日

#銀古美

#木瓦

#数寄屋建築

200歳の現役!!

和歌山から200歳の風格ある鬼瓦を預かった!

土を焼いただけのそれは、幾時代をも越えて風雪に耐え、まるで土に還ろうとするかのように古美る。

f:id:daieibrand:20231102193847j:image

これを修復・最焼成して再び屋根へと再登板してもらう…200歳の年寄りには酷なようだが、焼き直しすると現役バリバリに蘇るのが「瓦」という素材の圧倒的ポテンシャルの高さ!

世のSDGsだの持続可能だのという薄っぺらく胡散臭い議論を嘲笑うかのようだ(笑)

f:id:daieibrand:20231102193905j:image
f:id:daieibrand:20231102193909j:image

それにしても昔の瓦職人も、地面から見上げる角度を意識して鬼瓦の表情を作っているのがよく分かる。

この鬼瓦からしたら200年の時代の変遷をずっと見下ろしてきたはずであり、会話が出来れば尋ねてみたいものだ…今の世の良いところと直すべきところ(^^)

ーーーーーーーーーー

#鬼瓦 #鬼

#伝統建築 #伝統構法

#社寺建築 #手刻み

#宮大工   #持続可能性

#サステナブル #sdgs

[ 静岡の家 ]

*竣工写真を頂きHP施工例に追加しました。

▶︎  http://www.daieibrand.com/products/ginfurubi/

f:id:daieibrand:20231101184201j:image

f:id:daieibrand:20231101184212j:image

軒先で際立つ和瓦の伝統的シルエットが、確かに長く続いてきた素材とデザインの象徴として、この建築の安定感とサステナビリティを担保する。

f:id:daieibrand:20231101184247j:image
f:id:daieibrand:20231101184241j:image
f:id:daieibrand:20231101184244j:image

光の変化で多様な表情を見せる外壁。

内外に寺院建築のテイストも見え隠れするデザインに、深いコンセプトのもと“銀古美”を採用いただき光栄です。

f:id:daieibrand:20231101184431j:image
f:id:daieibrand:20231101184427j:image

設計:山田誠一建築設計事務所

【project】http://www.yamada-architect.jp/projects/nishichiyoda.html

【movie】https://shinkenchiku.online/movie/5040/

photo ©川辺明伸

ーーーーーーーーーーーーーー

#銀古美

#静岡の家

#建築家の自邸

#建築家とつくる家

見えないお洒落と見せないお洒落…

宝生寺 唐破風の瓦葺きは、神輿のような極端な照り起りの野地からまずは下地づくり。

f:id:daieibrand:20231031184424j:image

f:id:daieibrand:20231031184524j:image

敷平と唐草に続き、さぁ最難度の谷瓦施工だ!

f:id:daieibrand:20231031184444j:image
f:id:daieibrand:20231031184447j:image

過去最大サイズで製作したオバケ谷瓦達も、仮並べで修正箇所の確認…削り代を大きく作ってないと取り返しのつかないところだったが、大奮(粉)戦の末になんとか納まりそうだ^^;

f:id:daieibrand:20231031184554j:image
f:id:daieibrand:20231031184551j:image

葺きあがれば、こんなに長く大きなパーツが入ってると思わないだろうな〜!

瓦屋根における見えないお洒落、見せないお洒落には、作り手と葺き手の自己満足が詰まっています(笑)

f:id:daieibrand:20231031184618j:image

#淡路工舎 #宝生寺

#伝統構法 #伝統建築

#社寺建築   #宮大工

#淡路島の家   #銀古美

#手刻み #石場建て