読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来考房/瓦人 ~gajin~

和瓦とその未来を創る淡路島の瓦師ブログ

kawara putter project -order made custom-

今回のご依頼・・・ サンドブラストによるヘッドへのネーム彫削はもちろん、グリップもスーパーストロークで!! また一つ、様々なクラフトマンシップの集大成で仕上がる世界でオンリーワンの瓦パターが完成しました。 一本一本手作りだからこそカスタム自由・・・…

遠くて近過ぎる徳島でした…^^

予約時間を見越してgallery土坐へ出発〜!!でも、だいたい皆さんイメージの30分以上は早く着いてしまう…そんな徳島と淡路島は橋で繋がったどちらにとっても地元みたいなもんですね^^今日もそんな到着が早過ぎて駐車場で遠慮して待たれてるお二人をお呼びし…

火入れ式・・・『一生努力』

以前紹介した、現在1/5scaleの五重塔を建築中の宮大工棟梁の建てる家・・・真夏のような本日、無事に火入れ式を執り行うことができました。 家づくりに込められた想いは「一生努力」・・・一生涯職人として、現在もまだまだ天井を見ることなく日々研鑽される棟梁…

kawara putter project -いぶし瓦の銀さん-

瓦の町 南あわじ市で人気のゆるキャラ・・・“いぶし瓦の銀さん”!! そんな銀さん、もう我慢出来ずに瓦パターとしてゴルフ場に見参です^^ 町おこしにはもってこい!! この瓦の町では、大人にとっても子供にとっても間違いなくテッパンの人気アイテムとなりそう…

kawara putter project -銀古美 antique smoked silver-

本日、完成・出荷の瓦パター・・・古色で焼き上げた type 銀古美です。 キセキの淡路土と、炎を操る瓦師の感性が生み出す銀古美の肌は、悠久の時を越え風雪に耐えたかのごとき、逞しくも味わい深く古美た風合い。 まさしく日本風景を彩るエイジングが美しい瓦屋…

宮大工の建てる家…

本日上棟!! プレカット木材を組むだけの現代の建築現場では逆に見慣れない手仕事の数々が繰り広げられています!理屈抜きに響く価値…言葉はなくとも本物ってのは、やはりその場の空気感を支配します。街中でも通りがかった人々が足を止めるはず!日本の建…

さすらいのトラック野郎 傾いて走ってるのには事情があります・・・(^^;

明け方まで大雨でしたね~(+o+) 今回の積み荷は二軒分の積み合わせ・・・ちょうど半分ずつぐらいの荷嵩で積み分けてレッツゴー!! ってことで、まずは50坪の葺き替え現場へ・・・こちらは既存屋根との取り合いがあるので、現在葺かれている瓦とサイズを合わせたも…

kawara putter project -黒陶磨き-

淡路土を限界まで焼きしめる黒陶焼き・・・まさしく土色の古代鬼面ヘッドです。 もはや瓦の域を超えた硬質・堅牢なヘッドは、フェイス面とソール面を研磨することでまるで鏡面のごとく輝きます。 焼き締まった土密度の高さがヘッドのポテンシャルを向上させ、と…

淡路土 古代いぶし瓦 「銀古美 -antique smoked silver-」

今日の窯積み・・・シンプルな一本ラインのみでレトロモダンにデザインした銀古美鬼。 達観したかのような静かで端正な表情が、屋根を上品に仕上げます。 跨ぎ鬼で全高実寸190mm のタイプのみラインナップします。 来月着工の剣道の武道館・・・こちらは角張鬼瓦の…

オトコ仕上がりとオンナ仕上がり・・・^^

火曜日の夕方は瓦の未来創りの様子・・・今日も皆さん土との闘いです!! アンティークなデザインタイルをモチーフに、下絵づくりから本気モード(+o+) でもやっぱり男子は男子らしく、大胆さと躍動感が伝わるオトコ仕上がり。 女子は女子らしく、繊細で優しいタ…

さすらいのトラック野郎 「案ずるより産むが易し(+o+)」

年明けから春まで異常なほどヒマだったぶん、GWも仕事する屋根屋さん・・・今年は多いみたいですね~(汗) ってことで、親方から現場住所が届き・・・とりあえずグーグルマップで下調べ^^ ところが、間違いなくこの家だよな~ってとこに植木のアーチ門が!? よい子…

−landscape− 風景を創る

websiteリニューアルにともない過去の建築例を撮影しながらコンセプトづくりを進めていますが、掘り下げるほどやはり、一枚一枚の瓦づくりを通して秩序と物語ある美しい日本「風景」と、その折り重なる屋並みのもとにある「人の繋がり」まで取り戻したいとい…

修復師-conservator-

超大物の鯱が釣れたよ~♪ こなごなバラバラになった天保年間に製作された鯱。 こなごなバラバラのまんま再焼成し、それをパズルを組み立てるように完成した四尺三寸(約1,300㎜)にも及ぶ見事な鯱。 瓦の修復師 T 氏による仕事。 組み上げる過程で、失われて足…

monokawara -nameplate-

シンプルな瓦表札・・・金属的で近未来的ないぶし銀は、建築外観のレトロ or モダンを問いません。 でも、やはりこの質感は土ならでは・・・日々の生活にささやかな豊かさを添えてくれるはず^^ 住まい手の暮らしに寄り添い、共にこれから長い物語を綴っていくmonok…

さすらいのトラック野郎 リアルSASUKE!!(+o+)

お次は、なんとリアルSASUKEな現場・・・まずは今日のアンドン! 『人生山あり谷あり 現場も山あり谷あり』(爆) テレビでやってるSASUKEはアスリートたちの競演で華やかですが、 仕事として挑むリアルSASUKEは華やかさのカケラもなく、地味で、ストイックで、黄…

さすらいのトラック野郎「お返しはキレイな風景でm(_ _)m」

さあ、雨明けはとりあえずトラック野郎!!今朝もお日様が顔出すより先に飛び出してエンジン全開まずは高松市内に6時…以前搬入した新築現場に塀が出来たんで六寸素丸を!んで移動して6時半…こちらも先日上屋根分を搬入した現場へ下屋根分を!これがまた狭い…

瓦表彰楯-commemorative shield-

瓦葺き技能グランプリの表彰楯は、やはり瓦で仕上げます^^ 桜の季節にあった思い出として、縁飾りは月桂樹でなくて桜でデザイン!! チームワークの集大成・・・仲間の声援が聞こえてきそうなほどあったかいmonokawaraとなりました。 受賞、誠におめでとうござ…

kawara putter project -ecology material-

今回の依頼分、3本仕上がりました・・・やはり、いぶし銀は清々しいです! そういえば瓦は土を焼いて燻しただけ・・・やがては土へと還ることができる自然素材。 ティーでも打ったあとコース内で失っても土に還る素材がありますが、大袈裟ですが瓦も同じく・・・。 エ…

淡路土 古代いぶし瓦 「銀古美 -antique smoked silver-」

規格の53判が56判まで焼き縮むほど、淡路土を堅牢に焼しめる銀古美・・・。 当然、寸法誤差・焼きねじれ等が大きくなり歩留まりのコントロールがとても難しくなります。 それでも繰り返し焼き方を試行錯誤し、とくに難しい袖瓦も窯出し直後の検品で、合端せずに…

土とのふれ合い?(←もとい、闘い(+o+))

久しぶりに体験コースターづくりのシーンを!! 渦潮観潮の行程を蹴ってまでお越しいただきました、職場の同僚の皆さん^^ 淡路島の文化と伝統に触れに・・・そのため瓦の土とふれ合いに・・・のはずが? もはや闘いとしかいいようのないほどストイックな時間が流れ…

瓦坐 ~original coaster~ “富士坐”

富士山のお膝もとにある酒屋さんからのご依頼・・・もちろんデザインは富士山です^^ 物語とコンセプトが詰まった世界に一つだけのオリジナル瓦坐。 手にする人が、そんな店主の想いに耳を傾けながら飲むお酒・・・これ以上の隠し味はないですね(#^^#) ワンステージ…

monokawara ~はじめの一歩~

生まれたばかりの赤ちゃんのプニプニした足! 形取りの際にも泣いて暴れて一筋縄ではいかず・・・これまた元気の証拠(^^; この小さな足の持ち主がやがて大きく成長したのち、ことあるごとに親への感謝を思い出すきっかけとなればイイですね~! 生涯カタチとし…

kawara putter project -銀古美 antique smoked silver-

今日の窯出しから・・・ヴィンテージ感抜群のキレイな古色に焼き上がりました。 堅牢な焼き締めで細部に至るまで強度も高く、また汚れもつきにくい逞しい肌。 マイナーチェンジして付け足したポインターもキレイに陰影が出ました。 飽きない色彩とは、この土の…

淡路土 古代いぶし瓦 「銀古美 -antique smoked silver-」

今日の窯出し・・・窯の手前 蓋の開け口近くと、奥の煙道に近い場所がとくにイブシがかかってしまいました。 尻部だけ燻されたのは隠れるので使えますが、今回はけっこうロスが出ました。 銀古美の焼成は、いぶし銀を焼き飛ばすほどのハードな炉内条件ですが、…

kawara putter project -brush up-

使用感にもとづきさらに実用性を高めるため、フェイスセンター上部にポインターを追加です。 単なる目印ラインだけだと古代鬼面自体のデザインに違和感が出るので、立体三角であしらうことで調和がとれました。 これで格段にアドレスしやすくると思います! …

淡路土 古代いぶし瓦 「銀古美 -antique smoked silver-」

堅牢なるも、古代いぶし色ならではの豊かで上品な色彩を表現するには、炎の塩梅が鍵・・・。 従来のいぶし瓦よりも高温で長時間焼き締めるため、淡路土で53判の型が56判にまで収縮します。 おかげで歩留まりの改善に四苦八苦・・・役瓦はなおさら。 今日も格闘が続…

瓦小径-kawara komichi-

webページのリニューアルにともなうロケハンで出会う瓦小径。 瓦の島 淡路島では、粋で風流な瓦小径がどこにでもさり気なく風景にとけ込みます。 土を焼いて燻しただけの瓦ならば、それはやがて土へと還り、その前段階として土間へと敷かれたり、こうして飾…

淡路土 古代いぶし瓦 「銀古美 -antique smoked silver-」

淡路土を限界まで焼き締めて、通常のいぶし瓦とは違い、表層から芯まで同じ色相となる堅牢な瓦に仕上げます。 耐久性はもちろん、組成が芯まで同じだけに摩耗にも強い男肌・・・。 将来的な色飛びもなく、土を焼いただけの瓦が魅せる自然なエイジングを期待でき…

作ると創る・・・

いや~、暑い・・・それにしてもいきなり暑すぎますね(^^; 工場での瓦作りは、窯の熱もあってもう汗だくです そんな汗だくのあとは、伝える仕事も・・・これが瓦を「創る」時間です! いつもお世話になっている会社さまの新人研修で、瓦というモノとコトをとことん…

kawara putter project -gold-

純金釉薬で焼き上げたゴールドの古代鬼面ヘッド。 セレブなゴルフを楽しみたい方にはぜひお勧めです^^ 世界に一つだけのプレミアムな価値・・・パットが毎回楽しみになりますね!!

kawara putter project -turquoise-

深く豊かなターコイズ色の古代鬼面ヘッド・・・青緑釉で焼き上げた瓦パターです。 グリーン上でひときわ華やかな存在感を発揮し、一つのファッションとしてワンステージ上のゴルフスタイルを確立します。 ご要望により、多様な色彩でヘッドをカスタマイズ出来ま…

Dome House × 円坐-maruza-

淡路島西海岸にキュートな建築が完成しました! 発泡ポリスエチレンで出来たドームハウス2棟・・・特徴的な内外観に円坐が違和感なくとけ込みます。 既成概念に縛られず、洋の東西も問わず、またレトロにも近未来建築にも柔軟にマッチする円坐のポテンシャルの…

さすらいのトラック野郎 鴨が葱を背負って来た!?(;゚Д゚)

雨ですね~~~(+o+) そんな今朝は小さな漁師町の葺き替え現場へ・・・漁師町特有の狭い家並みが情緒深くて、自然と演歌を口ずさんでしまいそうです♪ そんな今日のアンドンは・・・「走れば赤字 止まれば地獄」(笑) ホンマ、いい加減にしてほしい瓦焼成用ガス代と…

淡路土 古代いぶし瓦 「銀古美 -antique smoked silver-」

淡路島の大地の恵み 土、そして炎を操る瓦師の豊かな感性が表現するオーガニックな質感。 名だたる国宝級建築を風格と風情をもって守る生命力ある古美た色彩を再現。 経年美化こそ日本建築の醍醐味・・・銀古美の屋根は風景に必然の安らぎを与え、その地にしか…

フィールドワーク×瓦の町

三日間の予定で、大学生がここ瓦の町をフィールドワークで歩いています。 土地、人、仕事、文化、歴史・・・etc. この地に息づくいろんな価値を発見できたことと思います。 その一環でGallery土坐にも来ていただき、瓦師の想いをしっかりとガイダンスで伝えたあ…

さすらいのトラック野郎 プレミアムな価値を届けます・・・

さ~、本日は相棒ロッキーと二台で、先日の火入れ式の現場へとランデブー! 7時到着・・・大きくキレイな切妻屋根が朝陽に照らされていました^^ ここで今日のアンドン・・・『火入れ式済み 最高級瓦積載車』!! 神聖なる儀式をもって焼かれた瓦です・・・そりゃ~も…

kawara putter project

今回の完成品から・・・オリジナルネームの刻印も定着してきました。 様々なジャンルで生きるクラフトマンシップの集大成として完成する瓦パター。 made in Japanの誇りを包むヘッドカバーもご要望により「Japan」で用意ました。 これで日本のゴルフのレベルア…

kawara putter project -brush up-

一つのモノを生み出すと、やはり日々より良いデザインを追求します。 パットもプレイヤーによってハンドダウンで構える人、ハンドアップで構える人など千差万別・・・。 それぞれに対応するため、ヘッドソール面はやはり曲面が理想。 また、ライ(グリーンのアン…

さすらいのトラック野郎 住宅地にある落とし穴・・・(+o+)

さ~、お次は住宅地にある葺き替え工事でした!! 前日に親方から・・・「今日中には古瓦を撤去しきれんかも~」「明日入れの予定を明後日入れにしよか~」 その後・・・「なんとか仕舞いつきそうなんで、やっぱ明日搬入できるか~?」 大体こんな場合は、現場が狭…

さすらいのトラック野郎 「not 荷降ろし but 荷上げ」(^^;

さ~、本日は葺き替え現場へレッツラドン♪ 着いてさっそく今日のアンドン・・・「移動恋愛相談室 愛の説教部屋」 そんな妄想野郎のキャビンは常に女人禁制ですけど(爆) さて仕事仕事・・・今回の屋根は道から下がったところにあって、これがまたちょうど絶妙な高さ…

さすらいのトラック野郎 現場で茶聖に学ぶ・・・

さて今朝は3時起き・・・眠気覚ましの珈琲もさすがに効かないですね~(+o+) そんな真冬に逆戻りの今日は茶室の新築現場へ・・・これがまた広い!!!!! 大型でも搬入できそうなほど&広すぎて逆にどこに降ろすか迷うほど(笑) でもそこは百戦錬磨のトラック野郎・・…

kawara putter project

今日も4本が完成・・・もうパター屋さんになってきました(笑) イッチョマエに簡素ですが専用の箱も用意しましたよ~! 届いた先のお客様からありがたいメールまでいただきます^^ 「いま念願の一球目、試打しました!」 「感動しました!」 「少しでも上達するよ…

kawara putter project

本日分の完成品・・・順に仕上がっていきます、瓦パター!! 瓦のヘッドを焼き上げたあとは、フェイスの研磨・ロフト調整、サンドブラストによるロゴやオリジナルネーム等の彫削、シャフトの接合・重心バランス調整、ヘッド塗装・・・etc. 様々なプロフェッショナ…

火入れ式・・・「絆」

春の足音が聞こえつある弥生の晴れの日、厳粛かつ和やかに火入れ式でした。 家づくりに込められた想いは「絆」・・・ご家族の純粋な気持ちが伝わる力強い一字です。 その想いとともにまさしく瓦を焼くべく、窯の底へと・・・。 記念瓦には上棟日と瓦の火入れ日とと…

さすらいのトラック野郎 現場に泪は禁物です(+o+)

さぁ~今度は以前から続く葺き替え現場・・・ 前回運んだ一期工事に続き、二期工事の納屋の屋根は大栄'sのS君が運んでそれも完工! このたび最終三期工事の下屋根分の瓦を搬入です!! 先に今日のアンドン・・・「友の為に泪を流し 家族の為に汗を流す」 昨晩の同…

さすらいのトラック野郎 山越え、谷越え!?(+o+)

さ~、今朝は寒かった~・・・でも気合いの4時起きでさすらい任務!! 現場は70坪超の葺き替え現場。段取り良くステージ組んで瓦揚げ準備完了♪ が!?これがまた実は超ハード任務なんです~( ⇐ 屋根屋さんたちが(^^;) 三方囲まれてスペースを確保できないため、…

「ひょうごの宝」

「ひょうごの宝」今朝の産経新聞さんで大きく掲載していただきました!!monokawaraのクリエイトに火入れ式…すべての取組みは、屋根と屋根が折り重なる美しい町並みと、その連なる屋並みのもとに生まれる豊かな人の繋がりを取り戻すこと…そんな想いで一枚一…

島の器 -blue kawara plate-

まるで島の海が広がるような青い景色の完成・・・ホテル様よりご依頼の瓦プレート! 淡路島の食材で彩られる、淡路島の姿そのままの、淡路島の土で焼いた瓦器です。 南北約尺一寸(約33cm)・・・淡路島一周では何cmかな?(笑) 深い青×蒼×碧の自然なグラデーションが…

-瓦器- a small kawara plate

神戸の寿司店からのご依頼・・・小さな瓦小皿です^^ 基本すべてお任せだったので、サイズは7cm四方程度に・・・。 ふちは割り肌仕上げとし、オーガニックな土の風貌で魅せます。 四方と裏面を磨いて、全体を感覚的に自然な塩梅で反らせて出来上がり! あとは古色風…

さすらいのトラック野郎 茶の間で団らん・・・これ最高(笑)

さぁ~今朝も4時起きでスタート!!でもパレット搬送なんで肩の荷が軽い軽い♪ このあと無事に任務完了し、そのまま現場確認やら打合せやらでガチさすらい 体裁はトラック野郎・・・でも仕事も見た目も常にキレイ好きなプチ・ナル野郎は、前に磨かれたミラーがあ…