未来考房/瓦人 ~gajin~

和瓦とその未来を創る淡路島の瓦師ブログ

kawara putter project

今回オーダーでの組立ては 「type 古代鬼面-いぶし銀−」と「type 本鬼面-銀古美−」! いぶし銀タイプはグリップを人気の“super stroke”にカスタム! かたやビンテージな古色に焼き上げた銀古美タイプの質感は今回も最高にクールです。 世界初…プレミアムな瓦…

re-firing*reborn −土の生命力−

100年と風雪に耐えた鬼瓦たち…ある建築プロジェクトで古色焼き「銀古美」で再焼成するため、凍るような寒さのなか土や漆喰を洗浄中(寒) 先人鬼師の刻印はプライドの証し…独特のデザインは地域の建築景観を形成してきた、そこにしかない意匠と価値。 炎のチカ…

DONATION FOR BUSHFIRE IN AUSTRALIA

オーストラリアで起きている森林火災へ募金活動をしています。2019年9月から大規模な森林火災が相次いでおり、1/10時点で犠牲者26名、2000件以上の建物、北海道を超える1000‪万ヘクタールが焼失、‬推定5億もの動物、鳥などが犠牲になっています。数万匹のコ…

100年の計…

平屋で屋根面積170坪もある神社社務所の屋根改修工事がまもなく着工。 朝から実測確認にくると軒瓦で片面111枚! 妻側で55枚…改めて大きな屋根です。 大棟の経ノ巻は二尺寸で決定! すべての鬼に取り付ける家紋も正式に確認すると「隅切角に離れ剣片喰」。 …

続 火入れ式…「theニッポンの家」

厳粛×和やかな火入れ式シーン → http://gajin.hatenablog.com/entry/2019/04/13/125657 こちらは晴れやかな”いぶし銀“の窯出しから…別注の紋(“水”の角字)入り五寸巴。 昨年火入れ式をさせていただいた切妻二階建て屋根の風切丸(赤線部)の軒巴すべてと、拝み…

−vintage−

今朝は今年最初の窯出し…古色焼き“銀古美”で焼成を終えた炉内も同じくビンテージな表情に! これが中にいると芯まであったまります(熱) 別注製作依頼を受けていた雲型鬼瓦やシンプルな新山鬼も無事ビンテージな色味と質感に…これが一番ホッとする瞬間です(汗…

カステラ!!(^^)

この連休は長崎大学の学生からインタビューを受けています(^^)環境科学の観点から、「瓦」の歴史にはじまり伝統産業の現状分析と経営戦略、未来ビジョン、社会や地場(地域)との関係性の在り方など…濃密に議論。 ただどのアプローチによる未来創りにおいても…

甍覆−いらかおおい−

web pageへの追加掲載のため、古色焼き“銀古美”オリジナル棟瓦「甍覆(いらかおおい)」の撮影! 神社における“神明造り”にインスピレーションを得たデザインですが、シンプルであって、禅とミニマリズムの世界感を表現。 衣食住すべてにおいてミニマムな志向…

カナダからの刺客!!

冷たい淡路島ですが、今日も土の空間はホットでした^^ カナダから一時帰国されて淡路島で食と文化を堪能中な女子達は、土と向き合う姿勢・佇まいがとても美しく…綺麗な紫陽花と南天が仕上がってました(^^) ご自宅の家紋にチャレンジされた方は見事な四方木瓜…

filament*nostalgia

空間すべてを土と瓦で包む“土トイレ”project!! 今日はアンティークランプとスクエアなミラーを設置。 煉瓦造りのノスタルジックな路地を燈す外灯をイメージ…瓦タイルのヴィンテージな質感のおかげで光の滲みかたが綺麗です! あとはトイレとクリアなガラス…

いぶし土 −smoked soil−!!

空間すべてを土と瓦で包む“土トイレ”project…今日は扉両面と天井と土間の左官仕上げ! 瓦の原土を粘土状の固体にせず、土のまま1,000℃で焼いて、燻し、グレーの土を意図的に作りました。 これに淡路島の壁土と藁スサを混ぜて塗りあげます! 乾けば内外壁を包…

プライスレス…

仕事始めは終日出荷の段取り…古色瓦「銀古美」をひたすら手詰め&手巻き! こちらは遠方の九州まで届けるので、もちろん側面にも底面にも真心段ボール…愛情込めてつくった瓦は、愛情込めて葺いてもらうために、愛情込めて梱包して送り届けないと(^^) 作り手と…

−謹賀新年−

今年も1,400年の歴史ある瓦づくりを通し、屋根と屋根が折り重なる秩序ある美しい風景づくりに努め、さらにその屋並みのもとに同じく折り重なるように広がる豊かな人の繋がりを創っていきたいと思います! 関係をいただく皆様、引き続きどうぞよろしくお願い…

正解のない仕事…

“土トイレ”project! まだまだ仕事は続きます…ビンテージな古色に焼きあげた瓦タイル「soil」で内外壁を包んだあと、今日はblue*blueの瓦タイル「円坐−maruza−」を本並べし、接着剤で固定しました! 先日の仮並べと比べておそらく全然レイアウトが変わって…

onion accessory!!

年末年始でお客さんが殺到している南あわじの超人気スポット「うずの丘」さんで売切れ寸前とのこと…年末最後の手仕事は玉ねぎ瓦アクセサリー(^^) 淡路島の大地が育む超美味しい玉ねぎが、同じく淡路島の大地の恵み“土”を焼きあげたいぶし銀の瓦ピアス&イヤリ…

finish!!(^^)

令和元年最後の本格瓦コースターづくり体験は大人の本気手仕事で終了〜(^^) 今年もたくさん素敵な作品が生まれました! 年始は1/7日〜のオープンとなります。 また来年も皆さんのお越しをお待ちしております…良いお年を〜!! それではしばしのお休みをいた…

tsuchi-washbowl -暮らしにとけ込む土のチカラ-

今回の“土トイレ”projectで設置する手作りのblueな瓦ボールが焼きあがりました! ( W:40cm×H:15cm ) 青緑(せいろく)釉のグラデーションが描く景色が、淡路島の海*空の“青・蒼・碧”の豊かさを油絵のように抽象表現します! 今までいろんなサイズ&カタチでの…

美意識をこそ…

オーストリアの博物館で見つかった江戸幕末最古の姿!! その270枚以上におよぶ驚くべき高精細な写真は、リアルな当時の風景を写し出しています! (↓5分程のムービー、是非ご覧ください↓) https://www.buzzvideo.com/article/i6717220132604609030?app_id=11…

子鬼ちゃん!!

ロック!?演歌!?なんにしても、情熱的 & 陽気に唄ってますね〜(^^) マイクを持って熱唱してる姿でのご依頼でした♪ 思えば10年ほど前からいろんな子鬼ちゃんいましたね〜^^ 「ニッポン人総“子鬼ちゃん”化計画」もあったとか(笑) この子鬼ちゃん達も、その…

“土トイレ”project!

古色に焼いたsoilで内外壁を包んでいます。 薄いプレートですが質感が豊かなので、分厚いビンテージ煉瓦を積み上げた欧州の古い街並みを彷彿とさせる空気感を醸します。 でもどこかカジュアルで可愛らしさもあり…エイジングもキレイ! あとで土間にレイアウ…

【住宅建築 2020年2月号】−屋根再考−

1,400年余におよぶ日本瓦史における原点の色彩を目指した「銀古美(ぎんふるび)」という瓦を、その瓦づくりに込める想いと、その魅力を見出し表現される建築家達の取り組みや施工例とともに、17ページにわたり特集いただいています!是非ご一読ください(^^) −…

冬の土景いろいろ…

晴れ、曇り、寒い、あったかい。 変化の早い冬空の表情にシンクロし、ここ土の空間もいろんな土景で魅せます。 今日も平日のガチンコ女子会! 鬼気迫るほど息の詰まる2時間…職人気質のお二人によるとても丁寧な手仕事で、見事な桜が咲いていました! これも…

持ち出せない価値…

今朝は土佐からスタート!! ひっさびさの藁焼き…やはり“持ち出せない味”には価値がある! その土地にしかない“持ち出せない価値”…瓦屋根とそれが織りなしつくってきた、歴史と物語の詰まった風景もそう! この国らしい精神性と美意識にもとづく“らしさ”…建…

100年景の継承…

淡路島の家…100年の納屋屋根改修工事も大詰め! 下屋根右破風の減築部分も、本葺きの尺寸平・九寸平・八寸平を組合せながら違和感な〜く風切2本で仕舞い! 下から見ると分かりにくいですが、一尺四寸も斜めに振ってるので…ただ施主さんからの端まで瓦で納め…

kawara putter project - Professional -

今日の工房でのワンシーン…瓦パタープロジェクトでもっとも重要な最終仕上げ! ライ角とフェイス角、そしてロフト角の調整・確認を経てシャフトの組立てです! 見た目のインパクトがハンパない鬼瓦パターですが、瓦職人、研磨職人、クラブ開発技術者…と、そ…

kawara tile「円坐-maruza-」

内外壁も土間もすべて瓦で包む“土トイレ”project…ブルーの釉薬で焼いた円坐を仮並べしてみました! 土と炎が創る濃淡グラデーションは、淡路島の空と海が日々描く深く豊かな色彩を表現します。 小さな空間デザイン…正解のない仕事を楽しんでます(^^) #瓦 #和…

Made in Japanの誇り

ある世界的企業様のご依頼による毎年の瓦坐-kawaraza−を梱包しています! 世界中からお越しになるたくさんのお客様に手土産として渡される“made in japan”の逸品として、伝統や文化の理解に繋がればと和・英・独語訳の説明文を用意しています。 欧米人は、と…

“かわら美人”の本領…

ちょうど10年前に葺き替えした阿波の豪邸!! 貴重な当時のblog → https://gajin.exblog.jp/12280614/ ・ 一枚の瓦も変色することなく、“かわら美人”の本領…透き通るように煌めいている姿に感動した今朝。 続いて屋敷内にある中門の改修工事です。 棟の水板…

“冬”はあけぼの…

“冬”はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲の、細くたなびきたる。 そんな枕草子の冒頭ワンシーンのような今朝、夜明け前から加古川の蔵改修現場へトラック野郎(^^) 伝統的「置き屋根構法(→ http://gajin.hatenablog.com/e…

淡路島の家…青海波(せいがいは)の棟意匠

青海波…「無限に連なり広がる穏やかな波に、未来永劫にわたる平和と安寧の願いを込める」 歴史ある瓦屋根には、いろんなストーリーが込められており、それを表現する多種多様なパーツがあるんですよ(^^) イレギュラーな斜め破風部もガルバでなんとか仕舞いで…