未来考房/瓦人 ~gajin~

和瓦とその未来を創る淡路島の瓦師ブログ

ちびっ子職人あらわる・・・(#^^#)

台風もなんのその…三連休なんで、土曜から土との格闘希望が続きます(^^; デザインが好評の瓦スツール…まだ足も届かない微笑ましい姿でチョコンと坐り土と向き合うのはまだ二年生の女子! これがなんとスイッチが入ってしまったのか!?パパ・ママのヘルプを…

kawara putter project 「フェイス研磨-polishing-」

オリジナルオーダー…古代鬼面-青緑 turquoise-。 青緑釉で焼き上げた深く豊かなターコイズ色の古代鬼面ヘッドです。 土ものの瓦パターは、焼いたあとフェイス面を研磨しつつ、ロフト角も調整します。 釉薬タイプは焼成の際にどうしても釉薬垂れが生じ、フ…

建築の「築」…

超立派な葺き替え現場からおはようございます☀ シルエットの美しい日本建築…せっっかくの陶器瓦なのにワタクシ初めて見ました⁉️陶器瓦に全塗装!!(*_*)セメント屋根材かと思ったら、せっかくの焼き物の瓦なのに、釉薬の表面に見事にペインティング! 完全に…

さすらいのトラック野郎 「島流し」の巻^^;

さあ〜、草木も眠る 3時起きで四国の南端にやってきました!! 重伝建地区の島へと瓦を送るため漁港に集合^^ これが予想に反し台船ではなく漁船にバラで直積み任務(*_*) しかも施主さんの漁船で施主さんも一緒になって!! 親方の号令で集まった7〜8人の猛者…

original瓦坐 -kawara za-

体験で世界に一つだけの瓦コースターをつくるもよし! オーダーでオリジナルの瓦坐をつくるもよし!! なによりも圧倒的な吸水性があって実用性抜群なのがよし!!! 瓦の本質…啓蒙し伝えるための小さなmonokawaraです^^

Yahoo!ニュース発・・・『絶滅危惧種?』(+o+)

先日のネットニュースで驚きの記事! headlines.yahoo.co.jp 瓦だけでなく日本の住宅産業の今後を冷静に客観的に分析すると、明るい未来はなさそうです(ToT) そんな中、本日の配達から・・・もはや絶滅危惧種といってイイほど珍しい、いぶし瓦の新築が徳島で3軒…

ガチンコ社内旅行・・・(+o+)

会社の同僚皆さんで淡路島旅行…半分は渦潮クルーズで海の上、半分は修行僧のごとく土との格闘でした(笑) 無理に競うこともないのですが、やっぱりみんな負けず嫌いの仕事師…しょっぱなからガチで土と真剣勝負です^^ おそらく職場以上(⇐想像です(^^;)の緊張感…

火入れ式・・・『繋』

爽やかな海風に包まれて、厳粛ななかにも和気藹々とした火入れ式でした^^ 家づくりに込められた想いは「繋」…受け継ぐもの、受け継がれるもの、出会い、ご縁、感謝…これからめぐり合うモノとコトすべて繋ぎ、繋がれ、それをもっていい家、いい家庭、そしてい…

いつでも、手を合わせる気持ちで瓦をつくっています(#^^#)

本日4時起きで、さすらいの軽トラ野郎です(笑) 大きな社務所屋根にと以前からお世話になっている神社…今回は倉庫の増築かな? どんなに小さくとも瓦屋根は瓦屋根…まさしく“朝めし前”でしたが真心降ろし完了~♪ 昨日のお寺に引き続き、またまた手を合わせる瓦…

続 火入れ式…独り瓦降ろし式(笑)

さぁ~、月曜日一発目は火入れ式させていただいたお寺へ2車目の搬入~。 屋根の準備もようやく万端…涼しくなって瓦を待ちかねた様子でした! なんせ積んできたのは皆で祈りを込めた大事な大事な瓦たち…まずは“独り瓦降ろし式”で手を合わせて任務開始です(笑)…

美人に囲まれてウハウハ!?(+o+)

月曜日にトラック野郎するべく、朝の涼しいうちにせっせと仕事仕事♪ これがまたハタから見ると羨ましいぐらい、(かわら)美人に囲まれながらのウハウハ任務(爆) まぁ、腕と腰に刺すような痛みが走りながらの動作の連続なので、ウハウハかどうかは想像にお任せ…

土と炎との闘い・・・

淡路土 古代いぶし瓦 『銀古美|大栄窯業株式会社 DAIEI CERAMIC INDUSTRY CO.,LTD.』 月曜日に炊いた窯では、多くの瓦がいぶし銀の炭素膜を纏ってしまいました(^^; 達磨窯で焼いたようなナチュラルなグラデーションになった個体も多々あり、これはこれで良…

時代に取り残されたところに次代のあるべき姿がある…

来年度以降改修予定の物件調査のため建築士チームに同行して、再び重伝建地区の島へと渡りました。 この島で特徴的な棟冠瓦の復元のため、見本として実物を回収するのが目的です。 県内唯一の亜熱帯気候地域…ハイビスカスが迎えてくれます。 調査と実測で汗…

さすらいのトラック野郎 『数寄』・・・風流・風雅に心を寄せること

贅沢な銅板腰葺きの数寄屋建築の葺き替えが始まりました!! 門と塀と庭に囲まれて、屋根も幾棟に分かれているので、まずは一番奥の①番…二階屋根部分から仕上げます。 タワー設置個所を職人さんと相談し、敷地最奥へと真心降ろし( `ー´)ノ 次以降の降ろし場…

瓦葺き師が瓦師に・・・(^_-)-☆

今日ははるばる静岡から・・・お世話になっている瓦葺き職人さんがご家族で淡路島突撃です^^ いろいろと戦略的な悪だくみをしたあとは、家族みんなで土と格闘!! 普段は焼きあがった瓦と屋根で戦うお父さんも、焼く前のまだ土の状態の瓦には悪戦苦闘(笑) 隣で…

せっかく作るなら・・・

今日の体験もガチンコ過ぎて・・・(+o+) こちらのお二人もなんと3時間超・・・大人の本気を見せつけるように(笑) せっかく作るなら妥協なく仕上げたいと、もう遊びで来てるのか、観光だったのかもどっかへスッ飛んでしまってました(^^; おかげで渾身の『桜』と『雪…

小さくても大きい屋根…^^

先日実測した約2坪しかない神社本殿の小さな屋根も無事着工! 本葺きの巴と素丸は3.5寸幅…大きさに見合った小さな瓦の組合せ^^ それにしてもこんな小さいのに大工の気合が感じられる見事な細工仕事!! これを守り、続かしめるべく、小さくとも大きい瓦屋根…

芸術は爆発だ!!

まだまだ夏休み・・・体験の予約も週末にかけて続いてます。 この夏 最高クラスの気温を記録した今日も、ご家族でさらに熱い闘いが!!(+o+) 磨きがとても丁寧な剣片喰に、藤に紫陽花・・・どれも土に、そして自分に克った見事な仕上がり! 息子さんは「芸術は爆発…

まちのえんがわ

先日のワークショップで作った瓦コースターが焼き上がり「まちのえんがわ」へお届けです^^ そのまま縁側で1時間半の建築談義…小さなきっかけが大きな可能性を生むことをご教授いただきましたm(_ _)m とにかく、参加された皆さん、どれもこれも素晴らしい仕上…

このSNS時代・・・よりフォトジェニックにこしたことはない(^^)

昨日調査した重伝建地区の屋根改修・・・古瓦を再利用する部分や、唯一の手がかり写真をもとに復元製作部分する部分等、諸々精査して準備します。 こちらの物件の軒瓦は、つづ入り(京花)唐草。 意匠、素材、技術・・・記録と記憶をつぎはぎしながら、伝統を繋げる…

重要伝統的建造物群保存地区

今日、ようやく現地調査へ行くことが出来ました。 【面積】0.65㎢ 【周囲】4㎞ 【人口】約70人のとある小さな孤島。 まるで時が止まったような懐かしい営みのシーンが連続する、車が一切存在しない島。 このたびこの島全体が、重要伝統的建造物群保存地区に…

さすらいのトラック野郎 できれば裏からなんてどうでしょう・・・?(+o+)

さ~、大栄號も盆明けです(笑) 昨日の大阪に続いて本日は徳島へと・・・スレート屋根の葺き替え現場! まずは上屋根だけですが、お約束のごとく入り口が狭い。 裏にはメッチャ広い空き地があるので、自分のココロの中だけで、仮想瓦揚げ機をイメージで設置して…

続 火入れ式…積込みです!

盆明け…16日からの現場仕事開始に瓦を届けるため朝から相棒と荷積みです! 皆さんの想いが込められた「かわら美人」達を優しく放り投げながら(笑)、みるみるグランドキャニオンの完成です^^ 名入れした6枚の記念瓦も助手席に坐らせ、シートベルトで守ります(…

夏照土景・・・

さ~、盆前ラストはGallery土坐で瓦の未来創り・・・ガチンコで夏の淡路島を楽しんでいただいてますよ~^^ こちらのファミリーは、もう職人集団でした(+o+) 小学4年生と6年生にはハードルが高すぎると思われた藤と南天の紋様を、これまた感心するほどの立派な仕…

淡路土 古代いぶし瓦 「銀古美‐antique smoked silver‐」

昼12時・・・摂氏400℃まで冷却した窯の口切りです(+o+) これがまたいつも、窯がひらく瞬間は息が止まりそうなほど緊張が走ります! 窯も生きもの・・・調子が微妙に狂うと稀に炎が噴き出す時もあったり。 顔を近づけるとチリチリと焼かれるように・・・とても人間のチ…

〇背日葵 ×向日葵

今日の暑さ・・・こりゃ~さすがにギブアップです 元気の象徴 向日葵も、さすがに下向いてうなだれてしまいますね~(+o+) 向日葵もとい、背日葵と改名したほうが似合う姿(笑) 対照的に、外の“暑さ”とは違う“熱さ”で満たされるGALLERY土坐です!! 今日も職人女…

まちのえんがわ・・・瓦ワークショップ2017

大阪の小さな路地に面した「まちのえんがわ」で真夏の瓦workshopでした^^ 本物の歴史と素材、そしてそれにまつわる物語も含めて、大人も子供もがっつりと「土」というモノとコトに向き合いました^^ 一人一人にこうして地道に“ほんまもん”を伝える・・・この積み…

ルーツを知る!!( `ー´)ノ

今日の体験は皆さんクリエイティブにオリジナルデザインで!! 自分ちの家紋をしっかりと把握されてるって素晴らしいことだと思います^^ 平家がどうの、合戦のあとがどうの・・・それぞれのルーツを紐解いて、それを自身の性格や気質にまで当てはめながら今の自…

monokawara -coaster-

京都の割烹からの依頼・・・家紋入り瓦坐‐kawaraza‐です。 表面は土の風貌を感じさせる引き目跡仕上げ。 古色で焼き上げた質感は、どことなく懐かしく飽きのこない表情。 シンプルな存在感は料理の彩りを引き立て、おもてなしの時間をより豊かに演出します。

original nameplate ~鬼表札~

別注製作依頼の鬼瓦表札がようやく窯出しとなりました!! 無事に焼きねじれもなく仕上がってよかったです。 煤を払うと顔を出す鬼面・・・「出来るだけ怖く強い表情で!」とのことでした。 いぶし銀の鬼瓦表札・・・これから住まい手の暮らしとともに、末永く物語…

monokawara -kawara stool-

夏の夕色を写し込んだようなキレイなグラデーションは炭化窯変で焼いた瓦肌・・・人気の瓦スツールの製作依頼でした。 製作は金型でプレスせず、手磨きによる仕上げなので、土の動きを制御できず、乾燥にしたがいあちこち亀裂が入ろうとします。 自然の摂理に適…

kawara putter project – DREAM –

AERA、週刊朝日、アサヒカメラなどを刊行する朝日新聞出版社が運営するオンラインメディア 「AERA dot.」今朝の記事でkawara putter projectが紹介されています!瓦パターの雄姿⇒https://dot.asahi.com/dot/2017072100082.html 1日で200万以上のPVを誇るニュ…

monokawara 「箸瓦-hashigawara-」

もう何万個とつくってきたこの朴訥なフォルム・・・まとまった依頼で一個一個手びねりです(+o+) やれやれ、これがまた骨の折れる手仕事・・・かなり硬く締まった土コロと、朝の8時から15時までほぼノンストップで向き合い、目指すは100個以上! 途中、体験のお客さ…

kawara putter project -present-

今日も組みあがりました・・・瓦パター“いぶし銀”仕上げ。 金属的なまでにキレイな銀色は、淡路島の土が生み出すキセキの肌艶。 ちょうど今の時期は、お世話になった方への贈り物としての依頼が続きます。 ホワイトのグリップも、洗練されたイメージでいいです…

神は細部に宿る・・・

夏~~~!!いやはや灼熱の日本ですね~(+o+) 壁も土間も天井もすべて土に包まれたギャラリーには、平日でも避暑がわりに人々がお越しになります。 涼しさと快適さがヘラの走りを滑らかにするのか、細部にまで神経が行き届いて今回も“達人”な仕上がりでした…

淡路島の家・・・

午後から灼熱の実測へ・・・(+o+) 中二階造りに本葺き瓦仕様、棟の端々すべてに鳥が休んでる姿をモチーフにした鳥伏間(とりふすま)瓦でにぎわう屋根・・・まさしく淡路島の家です。 施主さん曰く・・・「やっぱり本葺きでお願いしますm(__)m」 繰り返しますが、やはり…

成長の証し・・・^^

去年に引き続いて、ちょうど一年後にお越しいただきました^^ 確か前回は兄妹でドラゴンボールを!! 今回は事前に自作で準備したルフィ&キティ(#^^#) それにしても、二人とも成長ぶりがはっきりと分かる仕上がり! んでも、成長の証しはそれだけにとどまら…

復元-the restoration of an old ornament tile-

某国立大学 文化財建築屋根改修工事にともなう装飾瓦‐立浪‐復元製作の進捗です。 築約100年・・・西洋文化に影響を受けたハイカラなデザインは大正初期の建築。 職人たちの意地と誇りが、またこの先100年の物語と風景を未来へと継承します。

達人現る・・・!!((+_+))

世間は三連休・・・そんな瓦工場は午前も午後も体験続きです^^ もうねぇ~、最近は本格体験の評判も板についてきたおかげで、皆さん目指すハードルが高い高い(^^; ハナから意気込みが違いますので、土と向き合う姿勢も真摯過ぎ!! 終日息をのむ時間が流れつつ・…

一日職人体験・・・(#^^#)

いやいや~梅雨、明けましたね~(←実質^^)!! 猛暑で灼熱の瓦工場では、平日にも関わらず土と格闘するもっと熱いシーンが描かれています(+o+) 手元を覗くと、もはや職人・・・(^^; 皆さん、ゾーンに入ってしまって一心不乱にヘラを走らせます。 ひと時の職人…

kawara putter project -本鬼面-

オリジナルオーダー・・・本鬼面デザインの瓦パターの完成です!! レトロな古代鬼面デザインとは違い、立体感のあるいわゆる“鬼らしい”表情は、かえって現代人にとっては馴染みがあるかもしれません。 きちんとフェイスも研磨、ロフト角もセンターバランスも調…

職人達の本領…

火入れ式の物件の現調…時代を越えた建築が丸裸に…。また次と、その次の時代も越えるべく、大工も葺き師も瓦師も…職人達が本領を発揮する2017夏!!

火入れ式・・・『浄土』

大阪某寺、屋根改修工事にともなう火入れ式・・・総代様、ご住職様はじめ檀家の皆さまが団体で立ち会われました。 大自然の恵みに対する畏敬と感謝の念を具える日本人の精神性、そしてそれが紡いだ1,000余年の瓦の歴史・・・etc.を説明させていただき窯場へと・・・。…

~ceremony~式典の様相

明日は大阪の社寺本堂葺き替え工事にともなう火入れ式・・・総代、檀家の皆さま含めて過去最高の23名が参列予定です。 仕事終わりに灼熱の瓦工場でセッティング完了・・・もはや立派な式典の様相です。 檀家様(自治会)皆さまにとって、これからもココロの拠り所と…

男同士の瓦談義・・・^^

昨夜は深夜1時前まで語って呑んで・・・尽きない瓦談義で時間を忘れたな~^^ 遠く鹿児島から、瓦工場と原土採掘場見学、そして淡路島の建築景観を肌で感じに来られました。 日本も広し・・・ところ変われば文化も違う。 でも、そのもっと先に広がっていた原風景は…

monokawara-cutlery rest-

深みあるグラデーションのブルーから連想するのは海山の豊かな幸。 レストランからのご依頼で焼きあがったカトラリーレストです。 size:W100×H15×D25 “置く”という意味よりも、どちらかといえば“休む”と解するほうが好き。 “rest”・・・フィット感も良く、まさ…

瓦×文化交流

韓国から文化財団関係の皆さん25名が研修旅行で瓦工場へ来られました。 約1時間の話・・・日本書紀に曰く『崇俊天皇元年(588年)、百済国より瓦工四人渡来す。 瓦窯作工、生瓦作工、瓦焼き作工、瓦葺き工四名の瓦博士である。』から始まり、皆さんの先人達のおか…

kawara putter project -trouble-

今回も無事にいぶし銀に焼き上がりました。 しかし、フェイス研磨工程で部分破損してしまいました。 瓦は天然の土を焼いただけ・・・取り除ききれなかった微細な砂石粒や木屑等の不純物があり、研磨の際にたまたまそれらが表層に存在すると引き金となり、堅く焼…

さすらいのトラック野郎 台風との競争(+o+)

先日葺き替えで届けた平板の現場・・・引き続いて隣の建物も平板での葺き替えとなりました。 平屋の入母屋なので和型でいってほしかったのはヤマヤマですが、大人の事情がいっぱいあるんでしょう(笑)・・・まぁ、瓦であるだけヨシですね^^ 積み合わせの和型はチョ…

復元-the restoration of an old ornament tile-

群馬県の文化財建築にのる装飾瓦の復元製作が進行中です。 昔の手仕事は、今ほど窮屈な環境ではなく、職人たちものびのびと粋に立ち回れたことが想像できる見事な瓦が多いです。 それに少しでも追いつけるよう、頑張らないとですね^^